よくあるご質問

会社四季報CD-ROMについて

スクリーニングについてのご質問とその回答

データダウンロードサービスや会員IDについてのご質問とその回答

インストールやアンインストールについてのご質問とその回答

操作や収録しているデータについてのご質問とその回答

購入前によくあるご質問とその回答

起動や環境、表示画面についてのご質問とその回答

スクリーニングについてのご質問とその回答

前号で作成したスクリーニング条件などはそのまま使えますか

前号と同じPCにインストールすれば、自動的にスクリーニング条件などは引き継がれます。ただし、2009年1集のバージョンアップに伴い内部構造が変更になりましたので、2008年4集秋号以前のユーザーデータ(ユーザー作成スクリーニング条件やユーザー作成グループ)をそのまま利用できません。スクリーニング条件、ユーザー登録項目、グループにつきましては、引き継ぎ作業を行っていただければ、引き続き利用できますので、お手数ですが引き継ぎ作業をお願いいたします。
引き継ぎ作業の詳細につきましては、ユーザーズガイド入門編、スクリーニングブログなどをご覧ください。

ページトップへ

スクリーニング結果をコピーして、他のソフトで使うことはできないのでしょうか

『会社四季報CD‐ROM』のスクリーニング結果をコピーして他のソフトで使うことはできません。

ページトップへ

スクリーニングに利用できる項目を知りたいのですが

スクリーニングに利用できる項目は検索パレットの「らくらくスクリーニング」アイコンをクリックした時に表示される「項目一覧」ボックスにすべて表示されます。
また、その画面の右中央の「スクリーニング項目一覧」をクリックして表示できる「スクリーニング項目一覧」でも確認できます。
※ご購入前の方は、下記サイトにて公開しているものをご覧ください。
http://screeningblog.lekumo.biz/cdrom_items/screeningItemList.html

ページトップへ

新しくスクリーニング条件を作ることができますか

『会社四季報CD‐ROM』のスクリーニングは検索パレットの[新規作成]ボタンから新しく条件を作成できます。膨大なスクリーニング項目を組み合わせで計算したり、条件値を設定したりすることが可能です。スクリーニング条件の作成方法の詳細につきましてはユーザーズガイド応用編やスクリーニング条件の新規作成“入門の入門”をご覧ください。

ページトップへ

ダウンロードしたデータを使って、スクリーニングをしたいのですが

ダウンロードしたデータ(本決算財務、四半期決算財務、株価など)は、スクリーニング項目として利用できます。
「スクリーニング項目の選択」画面の「ダウンロードデータ項目」以下のフォルダから選択して利用してください。

ページトップへ

スクリーニングの結果画面のデータが「-」ばかりになってしまったのですが

スクリーニングの結果画面で表示される「-」は該当データがない場合や、不明の場合に表示されます。
たとえば、銀行業に特有の決算項目である「業務純益」を全社対象に抽出した場合、一般事業会社は該当する項目がありませんので、銀行以外の大多数の会社は「-」が抽出されることになります。
検索パレットで実行するらくらくスクリーニングでは、検索を実行する対象が常に全社になりますので、上記のような場合には「-」ばかりが表示されてしまいます。
「業務純益」などのようにある業種特有の項目を検索する場合は、スクリーニングで新たに条件を作成して検索を実行することをお勧めします。スクリーニングでは、検索実行時にどの登録グループを対象に検索を行うかを指定できますので、「業務純益」などのような場合は銀行だけを対象にスクリーニングを実行すれば、銀行以外の不要な会社のデータを検索しないからです。検索時間も短縮されますし、結果画面も不要な会社が表示されることがありません。

ページトップへ

業績予想を上方修正した会社など、過去の会社四季報との比較はできますか

過去の『会社四季報CD‐ROM』(2009年1集以降のもののみ)をお持ちであれば、過去の『会社四季報CD‐ROM』のデータをユーザー保存・取り込み項目として保存することで、比較ができます。
過去の『会社四季報CD‐ROM』のデータをユーザー保存・取り込み項目として保存する方法は、過去の『会社四季報CD‐ROM』をCD‐ROMドライブにセットしていただいた状態で『会社四季報CD‐ROM』を起動し、比較したいデータをユーザー保存・取り込み項目として保存します。ユーザー保存・取り込み項目として保存する方法の詳細につきましては、ユーザーズガイド、スクリーニングブログなどをご覧ください。
また、「業績予想修正、設備投資等」フォルダの中の「業績予想修正」を検索すれば、営業利益予想の前号からの変化を5段階でスクリーニングすることができますのでご利用ください。
※『会社四季報CD‐ROM ダウンロード版』をご利用の方は、過去号のデータを見るには、ご自身でCD‐R等をご用意いただく必要がございます。

ページトップへ

スクリーニングにとても時間がかかるのですが、もっと速くする方法はありますか

『会社四季報CD‐ROM』のスクリーニング実行速度は、お使いのパソコンの環境によって左右されます。特に重要なのは、搭載メモリの容量、CPUの速度、CD‐ROMドライブの速度の3つです。可能であれば、増設や交換などパソコンのアップグレードを施して、推奨動作環境を満たすパソコンでお使いになることをお勧めします。
また、簡易インストールと完全インストールを比較した場合、ハードディスク上のデータを読みにいく完全インストールの方が動作が格段に速くなりますので、ハードディスク容量に余裕があれば完全インストールの方をご利用になることをお勧めします。

ページトップへ

データダウンロードサービスや会員IDについてのご質問とその回答

データダウンロードサービスは別途費用が発生するのでしょうか?

『会社四季報CD‐ROM』データダウンロードサービスは、最新号のCD‐ROMをご購入されたお客様を対象に、期間限定で株価・業績データなどを無料でご提供するサービスです。
サービス利用時に本ダウンロードサービス専用の会員IDを取得していただく必要がありますが、『会社四季報CD‐ROM』をご購入されたお客様は無料で利用できます。

ページトップへ

ダウンロードはいつまで実行できますか

『会社四季報CD‐ROM』データダウンロードサービスは、期間限定(次号発売までの約3ヶ月間)のサービスとなっております。そのため、最新のデータを引き続きダウンロードするには最新号を毎回購入していただく必要がございます(データのみをご提供するサービスは行っていません)。

ページトップへ

インターネットに接続していないPCで、データダウンロードサービスを受けたいのですが

データダウンロードサービスは弊社がインターネットを通じて、『会社四季報CD‐ROM』をご購入されたお客様に対して提供するサービスですので、インターネットに接続していないPCでは利用できません。

ページトップへ

データダウンロードを行おうとしてら「シリアル番号が不正に使用されている可能性があります。」というメッセージが表示されダウンロードできません

データダウンロードはシリアル番号1つにつき、1人のユーザーが実行できます。他にユーザーがいないはずなのにこのメッセージが表示された場合は、CD‐ROMサポート・デスクまでお問い合わせください。

ページトップへ

ダウンロードデータが『会社四季報CD‐ROM』に反映されていないのですが

弊社ウェブサイトよりダウンロードしたデータを『会社四季報CD‐ROM』に取り込んでも反映されるものとそうでないものがございます。
例えば株価データの場合、追加した株価データは【株価詳細画面】で見られます。また株価チャートも追加したデータを反映した形で描画されますが、追加した株価データは、【四季報】画面においては反映されません。
スクリーニングに利用する場合はダウンロードデータ項目に収録されていますので、そちらをご利用ください。

ページトップへ

ダウンロードを実行するとダウンロードデータの取り込みに失敗するのですが

最も多いのがウイルス対策ソフトのセキュリティチェックプログラムによる通信の遮断です。これらのプログラムはファイルをダウンロードする際に「●●のプログラムがファイルをダウンロードしようとしています」とメッセージを出し、ダウンロードを許可するか遮断するかを聞いて来ます。『会社四季報CD‐ROM』のメインのプログラムは「SKHCDR50.EXE」というものです。これに関連したメッセージが出ていたのを「遮断」してしまうとダウンロードが出来なくなります。
セキュリティプログラムの設定で許可するように変更してください。それでも解決しない場合は、CD‐ROMサポート・デスクまでご連絡ください。

ページトップへ

データダウンロードサービスの会員IDはどうやって取得するのですか

会員IDは弊社ウェブサイトの「データダウンロードサービス」で取得します。この会員IDは、一度取得していただきますと継続して利用できるお客様専用の番号となりますので、毎号ごとに改めて取得する必要はございません。弊社ウェブサイトには、検索パレットの「最新データ更新・確認]アイコンをクリックしてアクセスしてください。詳細はユーザーズガイド「最新のデータを見てみよう」をご覧ください。

ページトップへ

会員IDを取得するための個人情報入力画面が文字化けするのですが

Internet Explorerの文字コードを「日本語(自動選択)」に変更してください。

ページトップへ

OSの再インストールを行ったら会員IDがわからなくなってしまいました

名前、住所、E-mailアドレス、シリアル番号を明記の上、CD‐ROMサポート・デスクまでお問い合わせください。

ページトップへ

会員登録時と住所やE-Mailアドレスなどが変わったときは

CD‐ROMサポート・デスクまでご連絡ください。弊社で手続きを行います。

ページトップへ

インストールやアンインストールについてのご質問とその回答

『会社四季報CD‐ROM』をインストールできないのですが

『会社四季報CD‐ROM』をインストールするには、お使いのパソコンが推奨動作環境を満たしていなければなりません。特に、インストールする時にはハードディスクの空き容量を、最低でも完全インストールでは600MB、簡易インストールでは50MB必要としますのでご注意ください(そのうちシステム起動ドライブに10MB以上、ダウンロードデータの追加にはさらに50MB以上の空き容量が必要です)。

また、『会社四季報CD‐ROM』はWindows10、8.1、7 日本語版対応のアプリケーションですので、Windows Me、Windows 2000、Windows XP、Windows Vistaで使用することはできません。動作環境を満たすOSでご利用ください。

ページトップへ

「.NET Frameworkのインストールは正常に完了しませんでした。」と表示され、インストールできませんでした

なんらかの理由で.NET Frameworkのインストールができなかった場合、または壊れている場合に表示されるメッセージです。以下の手順で関係プログラムを削除して、再度インストールを行ってください。

1.インストールされているプログラムの一覧を表示します(OSごとに手順が異なります。例えばWindows7の場合、「スタート」→「コントロールパネル」→「プログラムと機能」とクリックします)。
2.「会社四季報 CD-ROM Ver.5.1」を探してアンインストールします。
3.完了したら続いて.NET関係のプログラムを削除します。
「Microsoft .NET Framework2.0 Service Pack 1 Language Pack – JPN」
「Microsoft .NET Framework2.0 Service Pack 1」を2.と同様にアンインストールします。
この2つのプログラムのアンインストールに当たっては全てのプログラムを完全に終了していただかないと途中でフリーズしますのでご注意ください。インターネットエクスプローラは必ず閉じてください。アンチウィルスソフトなど常駐プログラムは終了しなくても大丈夫です。
4.これらのアンインストールが終わったら『会社四季報CD-ROM』を再インストールしてください。
5.インストールが完了したら起動して動作をご確認ください。

ページトップへ

『会社四季報CD-ROM』Version5.1をインストールした後、『会社四季報CD-ROM』Version4はアンインストールする必要がありますか

『会社四季報CD-ROM』はVersion5.1とVersion4では別のアプリケーションですので、アンインストールする必要はございません。

ページトップへ

PCを買い換える予定です。気をつけることはありますか

PCを買い換える場合、以下の点にご注意ください。

1.旧PCからプログラムをアンインストールしてください。
2.会員IDは引き続き同じIDを利用していただく必要がありますので、アンインストールする前にメモしてください。
会員IDは「設定」アイコンをクリックして開く「環境設定」画面の「最新データ更新の設定」タブの「会員IDの設定」から確認できます。会員IDはアルファベット3文字、数字6桁で構成されています。(例 ABC123456)
メモした会員IDを新しいPCでダウンロードを実行する前に、同じ場所に入力していただけば、ダウンロードサービスは引き続きご利用いただけます。
3.スクリーニング条件やグループ情報などを新しいPCでも引き続き利用したい場合は、ユーザーデータファイルをコピーしておいてください。
ユーザーデータファイルは「設定」アイコンをクリックして開く「環境設定」画面の「メンテナンス」タブの「ユーザーデータの保存先」から確認できます。
「開く」ボタンをクリックして表示されるフォルダ(SKHUSR)にある「SKHUSR」、「SKHUSRA」というファイルをコピーし、新しいPCで同じ場所に上書き保存してください。同じフォルダ内にある「SKHUSR20XXX」というファイルは各号のダウンロードデータです。必要ならばこのファイルもバックアップしてください(最新号は再度ダウンロードすれば復元されます)。

ページトップへ

操作や収録しているデータについてのご質問とその回答

ページをめくるように好きな会社の画面を次々に表示させることはできないのでしょうか

環境設定アイコンから、検索・コマンドバーの「前頁」・「次頁」ボタンの動作を変更することができます。詳細につきましてはユーザーズガイド応用編をご覧ください。

ページトップへ

以前あった会社比較機能を利用したいのですが

スクリーニングの既存条件の最後に「会社比較」フォルダがございますので、こちらからご利用ください。
新しく会社比較条件を作成したい場合は、「新規作成」ボタンからスクリーニングを新規作成していただき、「オプション」ボタンをクリックして画面を広げ、「検索結果の表示」の「行列を入れ替えて表示」をチェックして結果を表示してください。

ページトップへ

たくさんの会社の四季報画面を一度に全部閉じる方法はありますか

「ウィンドウ」メニューの「全て閉じる」コマンドの実行で、表示している画面を一括して閉じることができます。

ページトップへ

「四季報画面」を表示させずに詳細画面見ることができませんか

検索・コマンドバーを使い、証券コードとアルファベットを入力して検索すれば、四季報画面を表示させずに、さまざまな詳細画面を直接表示させることができます。詳しくはユーザーズガイド入門編をご覧ください。

ページトップへ

役員名や従業員数など各データは、いつの時点の内容まで反映されているのですか

データの種類によって時点が異なりますのでご注意ください。各データの収録時点については、ヘルプファイルの「会社四季報CD‐ROMの見方」に各欄ごとの解説に掲載していますので、そちらをご覧ください。

ページトップへ

財務データなどの項目の内容や算出方法を知るにはどうしたらよいですか

ヘルプファイルの「会社四季報CD‐ROMの見方」に、一般事業会社を中心に項目説明を掲載していますので、そちらをご覧ください。

ページトップへ

購入前によくあるご質問とその回答

発売日はいつですか。

原則は『会社四季報』と同じですが、流通(取次)の関係で、首都圏以外では『会社四季報』より1日~3日程遅れることがあります。3月(春号)、6月(夏号)、9月(秋号)、12月(新春号)の中旬から下旬にかけて書店に並びます。
東洋経済ONLINE STOREから、ダウンロード版も販売しております。原則として『会社四季報』発売日にご購入可能となります。(ご購入前に購入サイトに掲載の注意事項をよくお読み下さい。)

ページトップへ

どんな会社が収録されているのですか。

『会社四季報CD‐ROM』に収録されている会社は基本的には『会社四季報』と同じです。つまり、日本の証券取引所に上場している会社です。加えて、REIT(不動産投資信託証券)、日本銀行も収録し、合計約3,800社が収録されています。ETF(株価指数連動型投資信託)や出資証券上場会社などについては、収録していません。

ページトップへ

データをコピーして他のソフトで使うことはできますか。ファイル書き出しできる項目は何ですか

「ファイル書き出し」機能で書き出すことができるのは、
証券コード、会社名、よみがな、郵便番号、住所、ビル名、電話番号、上場区分、業種コード、業種、設立年月、代表者役職、代表者名、資本金、単独従業員数
の15項目のみとなります。これ以外の項目を、コピー等して他のソフトで使うことはできません。
ただし、四季報画面や株価チャートなどのグラフ画面は、グラフィックデータとして他のソフトウエアにコピー&ペーストすることが可能です。いずれも著作権等知的財産権は(株)東洋経済新報社に帰属しますので、「使用許諾条件」を遵守した上でご利用いただくことになります。

ページトップへ

Windows MeやWindows 2000、Windows XP、Windows Vista で使用したいのですが、可能でしょうか

『会社四季報CD‐ROM』はWindows10、8.1、7 日本語版対応のアプリケーションですので、それ以外のOS(Windows XPやWindows Vista等)で使用することはできません。動作環境を満たすOSでご利用ください。

ページトップへ

動作環境に「.NET Framework」とありますが、これはどういったものですか

マイクロソフト社が無償で提供している対応アプリケーションを動作させるために必要な環境を用意するものです。お持ちのPCにインストールされていない場合は、『会社四季報CD‐ROM』初回インストール時に自動でインストールされます。

ページトップへ

ネットワーク上で使用したいのですが、可能でしょうか

書店店頭等で一般販売されている『会社四季報CD‐ROM』を、ネットワーク上で使用(ネットワークサーバ上の『会社四季報CD-ROM』に対して複数のクライアントPCから同時アクセスして使用する使い方)することはできません。複数のPCでご使用になる場合は、PCの台数分の『会社四季報CD‐ROM』をご購入ください。

ページトップへ

会社四季報CD-ROM 推奨動作環境

2017年3集・夏号以降の推奨動作環境です。

CPU PentiumIII 600MHz クラス以上(1GHz以上を推奨)
OS 日本語Microsoft Windows10 Home/Pro/Enterprise(32bit/64bit版)、Windows8.1/Pro/Enterprise(32bit/64bit版)、Windows7 Home Premium/Professional/Ultimate/Enterprise(32bit版/64bit版)
Internet Explorer バージョン9以上必須
.Net Framework .NET Framework2.0(Service Pack1)または.NET Framework 3.5(Service Pack1)がインストールされていない場合は、本製品のインストール時に自動的にインストールされます
メモリ 512 以上(1GB 以上を推奨)
ディスプレイ 65,536色・1024×768ピクセル以上
HDD 簡易インストールでは50MB 以上、完全インストールでは600MBの空き容量が必要
※上記のうちシステム起動ドライブに10MB 以上の空き容量が必要です
※ダウンロードデータの追加にはさらに50MB以上の空き容量が必要です
※ユーザー取り込み・保存項目として、データを取り込み・保存した場合、データ量に応じて空き容量が必要です
※.NET Framework2.0(Service Pack1)または.NET Framework 3.5(Service Pack1)がインストールされていない場合は、別途300MBの空き容量が必要です
※ネットワークドライブには対応していません
CD-ROMドライブ 24倍速以上のCD‐ROMドライブ
※ネットワークドライブには対応していません
マウス 上記OSに対応したマウス
  • CPU、メモリについては、さらにOSごとの動作環境を満たす必要があります。
  • データダウンロードサービスやさまざまなウェブサイトへのリンク機能をご利用になるには、インターネットへの接続環境が必要です。
  • 管理者権限でインストールする必要があります。起動にも、特定フォルダへの書き込み権限が必要です。
  • 画面表示データの印刷には上記OSに対応したプリンタが必要です。
  • WindowsVista以降のOSでは利用している文字(フォント)が更新されています。
    注意事項

  • 本製品は有償・無償を問わず、第三者に再使用許諾・譲渡・転売・貸与・全部または一部の複製をすることはできません。
  • 本製品を参考にした投資運用結果などについて当社は一切の責任を負いません。
  • 仕様、価格、デザイン等は予告なしに変更することがあります。
  • 本製品は日本国内仕様向けに作られており、海外の規格等については準拠していません。
ページトップへ

起動や環境、表示画面についてのご質問とその回答

『会社四季報CD‐ROM』を起動できないのですが

簡易インストールしている場合で「会社四季報CD‐ROMがみつかりません。CD‐ROMを正しくセットして再試行して下さい。」と表示される場合は、『会社四季報CD‐ROM』がCD‐ROMドライブに正しく挿入されているかご確認ください。

コントロールパネルの「地域と言語のオプション」の形式タブが「日本語」になっていないと『会社四季報CD‐ROM』を起動できません。「Run-time error’5’」もしくは「実行時エラー’5’」というメッセージが表示される場合は「地域と言語のオプション」の設定をご確認ください。

それ以外のメッセージが表示される場合は、『会社四季報CD‐ROM』のプログラムが正しくインストールされていない可能性があります。『会社四季報CD‐ROM』をアンインストールし、再度インストールしてみてください。インストールは、ウイルスチェックなど常駐ソフトウエアも含めて、すべてのソフトウエアを終了した状態で行ってください。

『会社四季報CD‐ROM』のデータファイルが破損していると、起動することができません。破損時にはメッセージが表示され、破損したデータファイルを強制的に削除するため、データはダウンロードデータを取り込む前の状態に戻ります。データファイルは『会社四季報CD‐ROM』の強制終了や異常終了により壊れる場合がありますので、ご注意ください。

ダウンロードデータの取り込みに時間がかかり、「応答なし」状態に見える場合にも、強制終了にはしないでそのままお待ちください。

「会社四季報CD‐ROMを起動できませんでした。ユーザーズガイド記載のサポート・デスクまでお問い合わせください。」というメッセージが表示された場合には、CD‐ROMサポート・デスクまでお問い合わせください。

ページトップへ

完全インストール後に『会社四季報CD‐ROM』を起動しようとすると「パスワードが正しくありません」と表示され起動できません。『会社四季報CD‐ROM』をCD‐ROMドライブにセットした状態にしたらエラーは表示されず、起動できます

『会社四季報CD‐ROM』のデータをインストールしたフォルダーに対するアクセス権が不足している可能性があります。
データのインストール先フォルダーに対するアクセス権をご確認ください。

WindowsVista以降のOSの場合、権限が複雑になっておりますので、一部に権限があっても一部には権限がないという場合がございます。必ずご使用中のユーザーにアクセス権があることをご確認ください。
アクセス権限の確認方法につきましては、お使いのパソコンのメーカーサポートやMicrosoft社へお問合せください。

なお、『会社四季報CD‐ROM』のインストール時、既定のデータのインストール先フォルダーは以下の場所になります。

32ビットOSの場合:
[システムドライブ]Program Files¥Toyokeizai¥Shikihocd50¥data

64ビットOSの場合:
[システムドライブ]Program Files (x86)¥Toyokeizai¥Shikihocd50¥data

データインストール先フォルダーや、アクセス権が不明な場合は、管理者権限のあるユーザーでアンインストール後に再度インストールをしてください。
その際、データのインストール先は変更しないで、既定のフォルダーを指定してください。

ページトップへ

以前の号をアンインストールしないで、最新号を完全インストール後に『会社四季報CD‐ROM』を起動しようとすると「パスワードが正しくありません」と表示され起動できません

『会社四季報CD‐ROM』のデータがインストールしたユーザーの権限が不足していたために、セキュリティ強化の目的でOSがシステムフォルダーとは別に作成する仮想化フォルダーにインストールされた可能性があります。

WindowsVista以降のOSの場合、権限が複雑になっておりますので、一部に権限があっても一部には権限がないという場合がございます。
このようなユーザーでインストールした場合、Windowsの仕様により、以下のフォルダーへインストールされる事があります。

32ビットOSの場合:
[システムドライブ]Users¥[ユーザーID]¥AppData¥Local¥VirtualStore¥Program Files¥Toyokeizai

64ビットOSの場合:
[システムドライブ]Users¥[ユーザーID]¥AppData¥Local¥VirtualStore¥Program Files (x86)¥Toyokeizai

まずは『会社四季報CD‐ROM』をアンインストールしていただき、上記フォルダー内に「ShikihoCD50」というフォルダーが存在していないか確認してください。
存在していた場合は、「ShikihoCD50」をフォルダーごと削除していただき、その後に『会社四季報CD‐ROM』をインストールしてください。

なお、上記フォルダーは、通常は表示されない隠しフォルダーとなっておりますので、「フォルダーオプション」より「保護されたオペレーティング システム ファイルを表示しない(推奨)」のチェックを外してから、ご確認ください。

ページトップへ

『会社四季報CD‐ROM』インストール時に「完全インストール」を選択したにもかかわらず、『会社四季報CD‐ROM』をCD‐ROMドライブにセットしていないと使用することができません

レジストリに書き込む権限が不足している可能性があります。管理者権限のあるユーザーで再度インストールしてください。
WindowsVista以降のOSの場合、権限が複雑になっておりますので、一見管理者権限に見えても、一部に権限があっても一部には権限がないという場合がございます。必ずすべてに管理者権限のあるユーザーでインストールしてください。
ユーザーの管理者権限の確認方法につきましては、お使いのパソコンのメーカーサポートやMicrosoft社へお問合せください。

ページトップへ

ユーザーズガイドやパンフレット等の説明と実際の動作が異なるのですが

『会社四季報CD‐ROM』は、ほぼ毎号何らかの改善を加えておりますので、新しい号をご購入されるたびに毎回インストール作業を行ってください。インストール作業を行わないと、新しい機能やデータをご利用いただけない場合があります。
また、ユーザーズガイド等に記載した画面例は、制作途中の画面やデータを使用している関係上、一部実際の動作とは異なる場合がありますことをご了承ください。

ページトップへ

画面の一部が切れてしまっているのですが

『会社四季報CD‐ROM』は、本の誌面イメージをできる限り忠実に再現するため、画面上の文字のレイアウトを緻密に行っています。したがいまして、画面の表示フォント(文字種類)をWindowsの初期設定ではないものに設定している場合、画面のレイアウトが崩れる場合があります。
四季報画面を正しいレイアウトでご覧になるには、

  • ・Windows10の場合は、デスクトップで右クリックをし「ディスプレイ設定」を選択します。次ウィンドウの一番下の「ディスプレイの詳細設定」をクリックし、表示されたウィンドウで、「解像度」が1024×768以上になっていなければ、1024×768以上に変更し、「適用する」のボタンをクリックしてください。
  • ・Windows7/8.1の場合は、デスクトップで右クリックをし「個人設定」を選択します。次ウィンドウの左下の「ディスプレイ」を起動して、表示されたウィンドウ内で「中(M)-125%」「大(L)-150%」になっている場合は、「小-100%」に変更し、「適用」ボタンをクリックしてください。
ページトップへ

表示フォントや解像度、カスタムテキストサイズの設定(DPIの設定)をこのFAQのとおり変更したのに、まだ表示された四季報画面の文字が切れて、全てが表示されないのですが

OSはWindowsの日本語版でしょうか?英語版に日本語MUIを使用している環境では、そのように表示されます。動作環境を満たすOSでご利用ください。

ページトップへ

CD‐ROMをセットしないで使うことはできますか

『会社四季報CD‐ROM』をインストールする際に、完全インストールを選択すれば、CD‐ROMをドライブにセットしないで使うことができます。但し、完全インストールを行うためには、600MBほどのハードディスクの空き容量が必要となります。

ページトップへ