社長挨拶

代表取締役社長

駒橋 憲一

Kenichi Komahashi
東洋経済新報社は120有余年前の1895(明治28)年、
本格的な経済雑誌である『東洋経済新報』の創刊とともに発足しました。
創業者の町田忠治は、創刊の目的を
「健全なる経済社会の発展」に貢献することとしています。

これが当社の企業理念となり、
日本の政治や経済が激動の時代をくぐり抜けるなか、大きな力に惑わされることなく、
自由主義、民主主義、平和主義(国際協調主義)を掲げながら、
時代を先取りした沈着な報道・言論活動を追求してきました。

また、当初から合理的な分析と議論を旨として、
統計数字やデータの収集・活用に力を入れてきました。

こうした伝統を引き継ぎ、
現在では『週刊東洋経済』や『会社四季報』、経済・ビジネス関連の書籍のほか、
データベース事業が会社の柱となっています。

そして近年はデジタル事業にも積極的に取り組み、
「東洋経済オンライン」が経済・ビジネス誌系サイトで№1のアクセスを誇るまで成長しています。
さらに電子雑誌・書籍やセミナー事業など、
さまざまなメディア形態での事業展開を進めています。

今後もグローバルな視点での公正で良質な情報発信を通じて、
経済社会の発展につながるような視点や材料を提供できるように努めてまいります。

駒橋 憲一